レターパックの追跡が反映しない!?反映される時間とは?

スポンサーリンク

レターパックは、追跡サービスを利用することができます。

追跡サービスを利用することで、現在のレターパックの状況を確認することができます。

しかし、追跡サービスを利用しても、なかなか反映しないケースがあるんですよね。

そこで気になるのが、反映される時間はいつなのかではないでしょうか?

今回は、レターパックが反映しない理由や反映される時間について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡で反映しない理由は時間?

レターパックの追跡をしようとしても、反映しないで「お問い合わせ番号が見つかりません」となるケースがあります。

なかなか反映しない理由は、発送してから時間が短いからの可能性が高いです。

レターパックでは、荷物を郵便局員が受け取って、番号をバーコードリーダーで読み込むことで、追跡システムに送られることになります。

しかし、レターパックはポストにも投函できるため、なかなか郵便局員が受け取るところまでいかないのです。

また、追跡システムに情報を送っても、すぐに反映されるわけではありません。

そのため、反映しない理由は、発送してから時間が短く、まだデータが反映されていないだけの可能性が高いのです。

 

レターパックの追跡で反映される時間とは?

そこで気になるのが、レターパックの追跡で反映される時間はいつなのかです。

実は、これは正確にはわかりません。

まず、ポストに投函したケースでは、回収されてから集荷センターに戻るまで時間がかかります。

そこからデータを反映させるため、投函してから数時間から半日ほどかかることがあるのです。

ただ、郵便局で配送手続きをした場合なら、数時間ほどで反映されるはずです。

なかなか反映しないことがありますが、半日~1日ほどは待ってみる価値があります。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡で反映されない理由は時間以外にも!

レターパックの追跡が反映されない理由は、時間以外のケースも存在します。

追跡番号の入力ミスで、「反映しないと勘違い」しているケースがあります。

追跡番号は全部で12桁なので、しっかりと12桁あるのか確認し、正確に入力するべきです。

また、稀に郵便局側のミスで追跡のデータが反映しないこともあります。

郵便局員がバーコードを読み忘れたり、反映後に間違えて取り消してしまったりすることも考えられるのです。

そのため、発送してから丸1日経っても反映されないのは、郵便局側のミスの可能性が高いです。

 

レターパックで追跡が反映しない場合の対処法

レターパックの追跡で、反映しない場合の対処法は、まずは気長に待つことです。

反映されるまで時間がかかることがあるため、1日ほどなら待ってみるべきです。

しかし、丸1日経過しても反映しない場合には、郵便局側のミスの可能性がありますから、もし発送してから丸1日経っても反映しないときには、レターパックを出した最寄りの郵便局に問い合わせをしてみるべきです。

その場合には、追跡番号を用意しておくことで、スムーズに問い合わせをすることができます。

まずは1日待ってみて、それでも反映しないときには郵便局の問い合わせをしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、レターパックの追跡で反映しないケースについて紹介してきました。

反映しないのは、発送してから時間が短いのが理由のことが多いです。

とくに、レターパックをポストに投函した場合、なかなか反映しないため、少し待ってみるのがおすすめです。

とは言え、発送してから丸1日経過しても反映しない場合は、郵便局側のミスの可能性があります。

そのため、そんなケースでは追跡番号を用意してから、郵便局に問い合わせをしてみるべきです。

 

こちらに、「うまく届かない!」といった、レターパック追跡の対処方法についての記事がありますので、ご自身の状況に合わせて読んでみてくださいね。

追跡できない場合の理由と対処法!

追跡が反映しない!☚今ここ

追跡やお届けまでの日数について

「引受」ステータスの意味やその後について!

スポンサーリンク