レターパックの追跡やお届けまでの日数についてわかりやすく紹介!

 

スポンサーリンク

レターパックは、日本郵便の配達サービスですが、追跡サービスを利用することができます。

そこで知っておきたいのが追跡の仕方やお届け日数についてです。

追跡方法やお届け日数を知っておけば、安心してレターパックを利用することができます。

今回は、レターパックの追跡やお届け日数について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡方法と反映日数

レターパックは、追跡サービスの利用が可能です。

追跡方法は簡単で、日本郵便のホームページにある「個別番号検索」で、追跡番号を入力し、「追跡スタート」をクリックするだけです。

これだけで追跡ができ、レターパックの現在の状況を確認することができます。

ただし、レターパックの追跡をしようとしても、反映していないケースもあります。

配送してすぐだと、まだ反映してないことがあるのです。

とは言え、数時間~半日ほどで反映されるので、丸1日経過しても反映されない場合は、郵便局に問い合わせてみてください。

 

レターパックの追跡ができる日数とは?

レターパックの追跡ができる日数は、配送手続きをしてから100日となっています。

これは、レターパックだけでなく、日本郵便の追跡サービスのシステム上、どの追跡も100日追跡することができるようになっているのです。

追跡できる日数が100日もあるため、過去の配送についてもチェックすることができるのです。

 

スポンサーリンク

 

レターパックのお届け日数

レターパックのお届け日数ですが、基本的に翌日となっています。

ほとんどのエリアで、翌日にお届けできるようになっているのです。

ちなみに、レターパックのお届け日数は、日本郵便のホームページから確認することができ、日本郵便のホームページにある「お届け日数を調べる」で、「1.差出元の郵便番号」「2.あて先の郵便番号」を入力し、「検索開始」をクリックしてください。

これで検索されたページのレターパックの欄で、お届け日数をチェックすることができるのです。

 

レターパックのお届け日数は速達レベル

レターパックのお届け日数は、速達レベルと言っても過言ではありません。

実際に、ほとんどのエリアで翌日に配達できるため、速達とほとんど変わらないレベルなのです。

しかも、レターパックは平日だけでなく、土曜日・日曜日・祝日も配達されます。

この点も、レターパックが速達レベルと言われる理由です。

いずれにしても、レターパックは速達レベルのスピードで配達してくれるため、利用しやすいサービスとなっています。

 

レターパックプラスのお届け日数の注意点

レターパックには、レターパックプラスとレターパックライトがあります。

お届け日数で注意しておきたいのは、レターパックプラスの方です。

なぜなら、レターパックライトは郵便受けに投函されるのですが、レターパックプラスでは対面手渡しとなっています。

そのため、荷物の引受人が不在だった場合には、配達日数が遅れてしまい、結果的に配達完了までの日数がかかってしまうケースがあるのです。

レターパックプラスは、対面手渡しであることを覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、レターパックの追跡やお届け日数を紹介してきました。

レターパックは、追跡サービスを利用することができます。

日本郵便のホームページから追跡することができ、レターパックの状況を確認することができます。

また、レターパックのお届け日数は、ほとんどのエリアで翌日です。

速達と同レベルの速さとなっており、利用しやすい配達サービスとなっています。

しかも、レターパックは土曜日・日曜日・祝日でも配達されるため、まさに速達レベルと言えるのです。ぜひ、レターパックを利用してみてください。

 

こちらに、「うまく届かない!」といった、レターパック追跡の対処方法についての記事がありますので、ご自身の状況に合わせて読んでみてくださいね。

追跡できない場合の理由と対処法!

追跡が反映しない!

追跡やお届けまでの日数について☚今ここ

「引受」ステータスの意味やその後について!

スポンサーリンク