レターパックの追跡番号の確認方法や利用方法をご紹介!

 

スポンサーリンク

 

レターパックには、「レターパックプラス」「レターパックライト」があります。

どちらも、全国どこに送っても同じ値段で送ることができるため、人気の送り方です。

レターパックなら、追跡番号もあるので荷物の追跡もできます。

そこで今回は、レターパックの追跡番号の確認方法や利用方法などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡番号はどこで確認できる?

レターパックは、「レターパックプラス」「レターパックライト」どちらも、郵便局の窓口かコンビニで専用封筒を購入することができます。

そして、レターパックの追跡番号は、その専用封筒にシールとして付いています。

そのため、追跡番号が書かれたシールを剥がすことで、追跡番号を確認することができるのです。

レターパックを送る側は、シールから追跡番号を確認することはできますが、荷物を受け取る側は確認する方法がありません。

そのため、荷物を受け取る側で追跡番号を確認する場合には、荷物を送った方に確認するべきです。

そうすれば、荷物を受け取る側でも追跡番号を使い、レターパックを追跡することができます。

 

レターパックの追跡番号の注意点と桁数について

レターパックの追跡番号の注意点ですが、ぜったいにシールを剥がしてからおくつことです。

シールに追跡番号が記載されているため、剥がさないで送ってしまえば、追跡番号が分からない状態になってしまいます。

それでは、レターパックの追跡が難しくなってしまうため、送る際にはシールを剥がすように注意してください。

また、レターパックの追跡番号の桁数は、12桁となっていて「レターパックプラス」「レターパックライト」のどちらも追跡番号は12桁のため、荷物を受け取る側へ追跡番号をメールする際には、しっかり12桁の番号なのかチェックするのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡番号の利用方法

レターパックは追跡番号により、レターパックを追跡することができます。

日本郵便のホームページの「個別番号検索」を使えば、簡単にレターパックを追跡することができるのです。

利用方法は、上記のサイトでレターパックの追跡番号を「お問い合わせ番号 1」のところに入力します。

入力が終わったら「追跡スタート」をクリックしてください。

これだけで、レターパックを追跡することができ、対象のレターパックがどこにあるのかを確認することができます。

「レターパックがなかなか届かない」「本当に送られているのか不安」などの際には、追跡番号からレターパックを追跡してみてください。

 

レターパックの追跡番号を失くした場合の対処法

レターパックの追跡番号を失くしてわからなくなってしまった場合、レターパックを送った側なら最寄りの郵便局に問い合わせることで、レターパックがどこにあるのか探すことが可能です。

また、レターパックを受け取る側なら、レターパックを送った側にメールなどで再び教えてもらうのが手っ取り早いです。

また、レターパックは、比較的に早く届くサービスとなっています。

そのため、あまり気にせずに荷物が届くのを待っているのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、レターパックの追跡番号について紹介してきました。

「レターパックプラス」「レターパックライト」のどちらにも、12桁の追跡番号があります。

追跡番号は、シールに記載されているため、シールを剥がすことが重要です。

レターパックを送る際には、確実にシールを剥がしましょう。

追跡番号は、日本郵便のホームページにある「個別番号検索」を使うことで、レターパックの追跡をすることができます。

簡単に追跡できるので、荷物が不安な時には利用してみてください。

ただし、レターパックは早く届くため、あまり心配しないで待っているのがおすすめです。

 

また、こちらに「入力画面」や「注意点」などの追跡番号についての記事がありますので参考にしてくださいね。

追跡番号の確認・利用方法!☚今ここ

追跡番号入力画面の使い方!

お問い合わせ番号の確認方法!

利用方法や注意点まとめ!

スポンサーリンク