レターパックの追跡で「引受」ステータスの意味やその後について!

 

スポンサーリンク

 

レターパックの追跡は、追跡サービスを利用することができます。

追跡サービスを利用すると、レターパックの現在の状況をステータスでチェックすることができますが、そのステータスの中には「引受」があるのです。

そこで今回は、「引受」のステータスの意味やその後はどう変化していくのかについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

レターパックの追跡で「引受」の意味とは?

レターパックの追跡を行ない、ステータスが「引受」だった場合、配達を行う郵便局がレターパックを受け取ったことを意味しています。

つまり、レターパックの追跡で「引受」のステータスになれば、レターパックの配送手続きがされたことがわかるのです。

逆に言えば、まだ手続きがされた段階であり、レターパックが実際に配達されるまでには時間がかかります。

いずれにしても、レターパックの追跡で「引受」のステータスになったときには、無事に配送手続きが完了したと覚えておきましょう。

 

レターパックの追跡で「引受」ステータスの後は?

レターパックの追跡で「引受」ステータスになったら、次は「到着」のステータスになるのが一般的です。

「到着」とは、レターパックの配達先を管轄している郵便局に、レターパックが届いたことを表しています。

その後、「お届け先にお届け済み」となり、レターパックが無事に届いたことがわかるのです。

ちなみに、「引受」「到着」のステータスの間に、「通過(車又は船輸送に変更)」と表示されることもあるので注意してください。

これは、壊れ物や精密部品などの場合に適用されることが多く、安全に運ぶために陸路や船輸送に変更されたことを表しています。

このケースでは、やや到着が遅れる傾向がありますが、レターパックはしっかりと輸送されているので安心してください。

 

スポンサーリンク

 

レターパックの追跡で「引受」ステータスで荷物は動いている?

レターパックの追跡をしても、「引受」ステータスから変わらないというケースが多いです。

これは、レターパックの追跡では、「中継」というステータスが使用されません。

そのため、「引受」ステータスから一気に、「到着」ステータスまで飛んでしまいます。

その結果、なかなかステータスが変わらないという現象が起こるのです。

なかなか「引受」ステータスから変わらない状況でも、レターパックはしっかりと配送手続きされており、お届け先に向かって動いているので安心してください。

 

レターパックの追跡で「引受」ステータスにならない原因は?

レターパックの追跡をしてみても、なかなか「引受」ステータスにもならないことがあります。

「お問い合わせ番号が見つかりません」となることがあるのですが、この原因はまだ追跡システムに反映されていないからの可能性が高いです。

追跡システムに反映されるまで、意外と時間がかかります。

そのため、レターパックの受付やポストに投函してすぐでは、追跡システムに反映されていないケースが多いのです。

そのため、まずは数時間~半日ほど待ってみましょう。

1日経過しても「引受」ステータスにならない場合には、郵便局のミスの可能性があるため、郵便局に問い合わせをしてみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、レターパックの追跡で「引受」ステータスについて紹介してきました。

「引受」ステータスは、配送手続きが完了していることを意味しています。

「引受」ステータスの後には、「到着」「お届け先にお届け済み」の順に変化していきます。

「お届け先にお届け済み」になれば、無事にレターパックが届いたことになるので安心してください。

レターパックでは、追跡で「中継」がないため、いきなり「引受」から「到着」になります。

そのため、なかなか「引受」ステータスから変化せずに不安になることもありますが、レターパックはお届け先に向かって動いているので安心してください。

 

こちらに、「うまく届かない!」といった、レターパック追跡の対処方法についての記事がありますので、ご自身の状況に合わせて読んでみてくださいね。

追跡できない場合の理由と対処法!

追跡が反映しない!

追跡やお届けまでの日数について

「引受」ステータスの意味やその後について!☚今ここ

スポンサーリンク